2014年08月08日

季節の体位をとる〜2014梅雨、初夏


空梅雨の今の調整体位は、、、

今季の梅雨は、始まりこそ
多少の雨と湿度の上昇があったものの
半ばころには、全くの空梅雨になってしまった、、、

この空梅雨は、夏に相当の負担となって
身体に影響を及ぼすことになる、、、


今季の梅雨明けはかなりずれこんで
7月も後半となってしまった、
空梅雨のため、明けたような、そうでないようなと云う
体感で、初夏は始まっている、

鬱散のつかない体状況は
ますます頸側部、胸鎖乳突筋の緊張過多を
及ぼしているため、
消化器系を壊す人が続出している。

嘔吐も下痢も、中毒と云うより
頭の緊張過度を弛めるための調整変動である場合が
多いということである。

汗がかきにくいということが
大腿部裏側に現われ
呼吸器から泌尿器へと季節の主役が移るのに伴ない、
内股に痞えたラインが移ってゆく。


 
上胸部の緊張過度を抜くために
かなり難易度の高い季節体操となってしまった、、、、


股関節の内転方向が鈍りやすい時期のため、
併せてこれらを一気にひとつ抜く動きを
行なおうとしている、、、
足を浮かせた状態で行なうため
かなりの難しさである、、
大変な方は、梅雨前期の調整体位を
もう少し、足巾を広げた状態で
やられると良いです。



上手く決まると、
腹、腸周辺および内股から
大腿部の外側真横あたりから
もくもく、気がゆるやかに発散されています。




posted by 身体気法会 at 12:35| Comment(0) | 整体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。