2016年02月24日

「愉気と活元運動の会」を開催します。





90年代の後半、コンビニ周辺に現われた
「地べた座り」の若者たちを目にした時の驚愕は
忘れられない、、。

70年代の終わり頃に、舗装道路に俯ぶし
道を「道」としてではなく、ただそこにある存在そのものとして
触れてみて、寝転がってみて、感じるモノこそ
自分が「道」と思っている本当の姿だと、、

社会における記号のようなものや、価値のようなものを
突き抜けたそのものの存在自体こそを感じるべきなのだと、、

そしてそれは、社会的規範からまだまだ遠い子供たちこそ、
登下校と云う目的から反れ、戯れ、道草を食い、こけつまろびつ
しながら、知らぬ間にその本質を掴んでいるのだと、、
考えていた自分にとって、
地べた座りの若者たちの所業は
完全に足元からひっくり返されたような
慟哭ものの、ふざけた所業だった、、、、。

これでは、「脱構築」も何もあったものではないのであり、
価値のずらしと転換どころかただの衰退による廃滅である、、。

80年代後半から「脱構築」と云う哲学の最前線の思想が
流行りものになったが、これが見事に10年をして
脱けたうえにも脱けてしまったのだ、、。


90年代、地べた座りの若者たちがたむろし、
やがてゆるゆるの腰パンで、がばがばと骨盤が
開き切ってしまい、若者特有の腰の強靭さを
失った新世代人が増殖し始めた頃、
人は、人の年代史の下り坂を歩き始めたのだと言える、、
新世紀が明けて、2000年代、リーマンショックで
世界的に社会構造の衰微と限界が誰にも感じられ始めた頃から、
人の体は「動かない身体」になっている、、。



動かない身体は、社会構造の破たんがもたらしたものではなく
「人類のカラダ史」において身体的感受性が衰えてきたのだと
一方では捉えられる、、

そうではなく、
インターネットなどのネットワークや光や音の明滅の
生理的速度を超えた情報の氾濫が
脳に休みなく刺激を与え続けていることによる
体感覚の失調なのだと考えられもする、、

「動かない身体」と云うのは、身体的な感受性が低下した、
と云うことを意味していて、
90年代以降の身体たちが、気配取りや外環境への親和性を
著しく欠きはじめたことにも表われている、、。

胸を硬張らせ、骨盤が弛む、という
身体が外には閉じて、内には集注を持続できないという
大変な難儀な状態に変貌してしまったのだ。


野口整体の基本には
自律調整運動として「活元運動」があるが、
これが「動かない身体」にあって、
まさに自律調整の出にくい身体になってしまった。

活元運動は、「動く」ことで
運動系から神経系統に信号を送り込んで、
それが身体全域の代謝運動や免疫系等への
自律調整へと展開していくものなので
「動かない」ことは、自律調整能力の2割程度をしか
起動し活用できないことになってしまう、、。


地べた座りは、現在でこそクレームや促販上の問題からか
自主規制が行き届いて見かけなくなったが、
「動かない身体」の問題は、
変わらずそこに滞泥し、居座り続けている、、、。

このような難題にあって
強圧的で精神論的な前近代の規律やら規制でもって、
定型フォームに無理やりはめ込もうとする
単純な外圧的志向では精神や身体を
立て直すことは不可能で、
あまりの創造性の無さに
永久にもつれた難問を解くことはできない、、。

それではと、型や定形の無い自由フォームで
やりたいように存分に伸び伸び育てたらどうかと
試行錯誤してみたところ、
これも身体的感受性と云うもの、そのものを
捉える「哲学」を持っていないため
頓挫してしまうという壁にぶつかっている、、、

現代社会では、またも後戻りして規範と規律が基本と、
そのような序章として、
能力(スキル)至上や自己責任論でもって
伏線を張り続けて、何とか
「前近代的芯の通った身体」を復活させたいようであるけれど、、、
既得権や目先のことにしか頭にない人々の
延命のための方便に過ぎないことが透けて見えるため、
身体たちは全く同調しない、、。



この「動かない身体」の縺れて混ぐらがった糸玉を
ほぐすには、身体的な感受性に直接働きかけるより
もう少し大まかで遠い、広い帯域から
なるたけ小さな声で呼びかけた方が
効率的なのである。

これを簡単に言えば、気的な感受性に働きかけることと
言い換えられる、、。

多くの身体がまったく、意識化せず気付いていない
気的な、全体的なやりとり、
関係性の中に潜んでいる身体同志の気の擦れ合いで
生まれる波紋の連携をキャッチする、
そのような気的感受を育むところから進まないと
何とも仕様がないのだ、、、。




この春、、単純に身体を伸び伸び、動かしたいなと思い
活元運動の会を開こうと企画いたしました。

愉気と活元運動という野口整体の基本を
行ないます。
カラダと云うより、大まかな広い気的な感覚で
捉えるという「動作法」を実習したいと考えています。

どなたでも参加可能です。
定期講座受講をお考えの方や
野口整体の世界を少しでも体験なさりたいという方も
硬張った身体を春に向けてほぐしたいと希望される方も
どうぞご参加下さいませ。



 ☆「愉気と活元運動の会」

 日程 3月12日(土曜日) 午後1:30〜4:30頃まで
 場所 東京 東日本橋 中央区立産業会館 4F和室 にて

 会費 金3千円

 参加自由ですので、予約等は不要ですが
 お問合せも兼ねて参加希望の旨を
 ご連絡いただけますと助かります。

 お問い合わせは →コチラ まで。













posted by 身体気法会 at 18:25| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月10日

野口整体 整体法初級講座 第2期開講のお知らせ







下記のように、第2期整体法初級講座を開講いたします。

野口整体の基本からお教えする講座です。
初心の方も、他の手技療法、身体技法等を学ばれている方、
修められた方、身近な家族の健康維持の便法として
学ばれたい方も、どなたでもご参加可能です。


第2期 整体法初級講座 〜野口整体と気応を学ぶ

年間コース 平成28年4月〜平成29年3月 (全10回)

定員制、 受講費 金6万円
      ※受講費の納入は前納となります。
        2分割払いも可能ですが、途中退会の場合も
        全納が前提となります。

日程 毎月第4日曜日 午後2時〜6時頃まで
場所 東京中央区の区民会館にて
    (例: 東日本橋 産業会館4F和室 等)

    ※日程、場所は会場の都合により変更となる場合が
      あります。

詳細、申込みは 身体気法会HP にてご覧ください。


野口整体は、「気」と云う見えない、あえかな、不確かで捉えがたい
「何ものか」を中心軸として、身体や関係性の中で、けれど
確かに実態としていつでも、どこでも動き、働いているその
ムーブメントを活かし、探っていく観察と調整の方法です。


ご興味ある方は、ご質問、問い合わせも
ご遠慮なくどうぞ。 →コチラまで    
















posted by 身体気法会 at 01:15| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月04日

足首を振る、肩と足首 〜2016初春





2016年はポカポカとした穏やかな陽気で明けた、、。
その後、半ば頃になって大寒気団が訪れたが
どんなに冷えびえしても、陽気は含んでいたのだろうか、、
やっと本格的に降り積もった東北の雪は
ビシャビシャとした重くて湿った雪で、雪かきに
普段になく苦労したと云う、、。



今季の冬は、おしなべてこのように12月中旬にして
すでに春の陽気を含んで、身体はその準備を
始めてしまいました。

そのため2月の節分の現在、骨盤は開きすぎ
頭皮は鈍く、弛んでしまっていて
実に頭重感、肩や肩甲骨の重だるさ、胸の周辺の
詰まった感じと、、
くらくらして浮遊しているような心地悪さの只中に
あるのです。

2月の月の変わり目から急に足冷えの感覚が強まり
外気温はそれほどでもないのに、部屋の中に居ても
足先、手先が冷えます。

ちょうど5月の梅雨の始まりの頃に似ていて
うす寒さに冷え感が強いのです。
これは、骨盤底部はまだ閉じた状態で
上部はやや開きすぎと云う状態で
こうなりますと腰椎5番は下がり、後屈して
骨盤全体が上部が開きながら、背側に寝た状態に
なります。

5番の可動性が抜けますので
この時期は腰椎1番にその分負荷がかかり
集注過多となって硬張ってきます。

二種的傾向が強まるのですが、
今季は再度の二種的傾向となり
消化器を毀したり、胸が縮んできますので
胸部の違和感が出現したりします。

身体としては、腰椎5番の呼吸器の変動で
開きすぎた骨盤を調整するか、
1番の消化器の変動で切り抜けるかで、、
実に休みなく大忙しの日々だと云えます。

1月の中旬にいったん頭の過敏傾向を
捻れ体勢で一段落させたのに
またまたこれか、、、と嘆いているに
違いないのではと思いますが、、
当人は変動でダウンしているか
ぼやぼやした頭と停滞感に悩まされて
焦りと気分がめいるばかりですが、
身体は黙々と個体の持続と保持に
努めているのです。


このように骨盤上部が開きすぎていたり
あるいは片側のみ硬張った状態であったりしますと
足首に負荷がかかりすぎて、動きが鈍ってまいります。
足首の動きの鈍りは、次に膝への負荷となってきます。

足首を振って、足先を揺らしてみますと
硬張った側の足首は触れません。
特に今は外側に触れないのです。

この状態が足首のやや前面上部の「冷えの入り口」を
作ることになります。

この足首の可動性を変化させるのに
上胸部の肩周辺に生まれている季節のポイントである
「処」に愉気をいたします。


 
  肩から足首に向けて愉気しています。

@足首の観察者はまず、足首を揺らして可動性を
確かめておきます。

A肩側の操者は、足首に連動する「処」の位置を
肩周辺で捜します。
「処」に触れると、足首側でヒビく感じ、ポッと弛む感じが
起こります。

B肩の操者は、気が通る方向を微調整しながら
愉気をします。

C足首の弛んだ感じがあって終了です。
再度、振ってみると動きが格段に変わってるのが
判ります。


※ここでは、愉気という気の感応を用いた手技で
身体の変化を促す方法を紹介しています。
愉気等の方法に不慣れの方、未見の方は
肩のあたりを温タオルなどで温めたり、
足首を全体に覆うように、同じく温タオル等で
温めることで徐々に改善します。










posted by 身体気法会 at 10:15| Comment(0) | 整体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする